数日前のニュース。なるべくしてった結果ですね。

http://ino-ran.com/nns/11/

仲良くしようよー!って思う。笑

いつかの記事で「刈り取られても良い」
というようこと書きましたが
それ嫌った結果がこのニュースだと思います。

もう少しせどらーに買わせれば良いのに。

 

もちろん、こちら側のマナーもありますし
戦略的に一時的ものという認識であれば
問題いのでしょうが。

そりゃ買わいよねー!って値付けが多い。

ブックオフのせどらー嫌いは有名ので
そう簡単話でいのは理解してます。笑

僕らは資産膨らませたいわけではいので
自分の売場がこうっていかいように気付けましょうね!

 

さて、先日の遠征の話。

土地勘がい場所へ仕入に行ったので
店員さんに聞きました。

「この辺だと、どのラーメン屋さんがオススメですか?」

旅行のときも、現地の人に聞くのが一番!

 

そして店員さんの答え。

「いー!ラーメンって好みありますからねー。あそこは結構人気だけど…でもちょっとクセがあるか。うーん。に味が食べたいです?塩?塩かー。あそこの塩は食べたこといし…まあ、好みですからねー」

 

…い、オススメは?笑

好みがあるとか、どこが人気とか
どうでも良いんですよ。

「あたのオススメ聞いてるんです」

 

これ自分でもすごく思い当たる節があって。

僕も元々、自分の好きもの人に言うのが苦手人間でした。

ぜか?答えは明白。

「批判されたくいから」

 

自分の好きもの薦めて、その結果
批判されるくらいら、最初から言わい。

好意で教えてったのに
何で文句言われきゃいんだ!

 

事例は覚えていいけど、過去に
こういう経験があったのだと思います。

ある意味、理にはかっている。

受ける必要のい批判のリスクんて
回避しておく方が得策ですからね。

 

ただ最近にって思う。

「自分が好きモノ人に伝えられいって、寂しくいか?」

 

人からの批判回避する代わりに
人の役に立てる機会も自ら捨てている。

これはどう考えても、寂しすぎる。

 

息子が大きくって人のために動こうとしたとき

「ありがた迷惑だからさい」
自分はこう言って止めるのだろうか?

そんこと考えました。

 

自分の好きものは伝えられる人間であろう

好きラーメンくらい、自信持ってオススメする人間であろう。

 

そうすれば人間が最も欲しい要素の1つ
「共感する喜び」、もっと味わえるかもしれい。

 

好きラーメン躊躇く言える人間は信用できる。

友人がふざけて言っていたけど
意外と本質突いているかもしれません。

 

PS.僕の好きモノは今日も売上に貢献中。
これは、売ろうかどうしようか悩み中。笑

http://ino-ran.com/nns/12/

たかだかCDの購入特典が、しっかり価値持っています。

 

@細麺は苦手だけど、一蘭はウマイ。