以前、玉木宏と倉科カナで放送されていた
ドラマがありましたね。

僕も、残念な夫の仲間入り。笑

今日は残念すぎた最近の失敗談を書きます。

めちゃめちゃダサい話ですが、
自らを公開処刑するために。

 

付き合いの長い友人に聞けばわかりますが
僕は「いい人」ではありません。

なんでも許せるとか、誰にでも寛大だとか
あいにくそういう器は持ち合わせていない。

キライなものはキライ。嫌なものは嫌。

昔に比べると大分、柔軟になりましたが
根っこの部分はこういう人間です。

 

今日書きたいことを結論から言うと

「自分の弱点が残念すぎた」ということ。

 

NSN参加費の決済は、申込から2日以内ということでお願いしました。

それについて「給料が5月10日なので待ってもらえないか?」というご相談があり。

正直、かなり悩みました。

他の参加者の方は全員2日以内に完了してくださったので。

 

「なをやさんのコンサルは絶対受けたい」
「昔の事情でクレジットは持っていません」
「10日、必ず振込しますので」

 

募集開始5分で申し込みしてくださった上にこのような心意気を信じて了承したのですが。

ダメでしたね。

 

こちらからの連絡も未だ既読にならず。
(LINE@の読者様です)

すげーーー残念でした。

 

即日定員となった日で、募集を締め切った後にも、その開催日には問い合わせが複数あった。

しかしそこは早い者勝ち。

お断りして、待ったんですけどね。

 

縁を頂けたはずのもう一人に出会えないことがとても残念です。

そして、待つことを決めたのは僕です。

責任は僕自身にある。

 

情に弱い=自分の弱点

 

あまりにダサい弱さに気付かされる
とても良い機会でした。

 

営業で働いていて1,000万円の契約を
情でフイにした。

とか、商売人として終わってますからね。

 

キレイゴトばかり述べて数字が伸びない人間は、
社内でも発言が弱くなっていたことを思い出した。

良い勉強になりました。

 

…と、あくまで自分の責任であることを前提として、言いたいことを1つ。

 

連絡はすべきだと思います。

 

例えが適切かどうかはわかりませんが
宿泊施設の無断キャンセルは100%の費用負担になりますよ。

もちろん今回は参加費5万円の請求などはしませんが。

 

都合が悪くなったら消える。

そういう、人としてのモラルの欠如が本当にイヤです。

 

余談ですが、

自分の言動に責任を持てない人はネットビジネスなんてしない方が良いと思います。

 

やった分の成果がすべて自分に返ってくる

これはネットビジネスの醍醐味ですが、
裏を返せば責任もすべて自分で背負うことを意味しています。

 

自分に責任をとらず成果だけ得ようなんてありえない。

少なくとも、僕はそういう人とは関わりたくありません。

 

商売をする上で、個人事業主として、
しっかり心得ておきたいですね。

 

なをや@薄情に思えるような規約も、こうやって作られていくんだろうなぁ。