こんばんは!です。

先日プロ野球のオールスターがありましたが
毎年観て思うことは一緒。

「一芸に秀でてる選手は面白い」

んでしょう。

平均的に能力が高い選手より、
長所がハッキリしている選手の方が
魅力的に映るんですよね。

 
 
平均点が良しとされる教育の産物のか、
短所へ目向ける人が多いと思います。
 
 
英語70点、数学70点も良いけど

英語100点、数学20点の方が僕は好きです。

(例えが雑?w)

 
 
長所って得意分野わけで。

そこは楽しんでれるんですよ。

 
 
楽しむのが最強というのは
どの分野においても同じ。
 
だったら短所より長所

そう強く思います。

 
 
数学平均点に持っていくより、
英語がずば抜けていた方が楽しい。

そして、それが自分支える自信にる。

 
 
せどりでも、長所もっと考えましょう。
 
ホビーが得意だけど家電が苦手
ホビーでとことん行けばいい。

アマゾンが弱いけどフオクが得意
フオクで行けるとこまで行けばいい。

 
 
たぶん、弱い方引き上げようとしても結果は知れてます。

だって好きじゃいから。

 
 
弱いところ補おうとして結局挫折する人が多いのは
完全にこの部分だと思います。

人間、楽しくいことは続かい。

 
 
そして上手くいかかったとき結局、
自分の長所にすがりますよね?
 
更に言うと、せどり「仕事」と割り切れる人は少い。
 
だから弱点補う努力が十分にる前に
得意分野へ戻ります。
 
 
だったら最初から楽しい分野、得意分野伸ばそうぜって話。
 
 
好きことだけってりゃ良いかと言えばそうではいですが、
せどりに関して言えば有難いことにジャンルはいくらでもあります
 
どれも人並みんて全然魅力的じゃい。
 
たが一番楽しいのはんですか?

思い浮かんだそのジャンル、
大切にしてくださいね!

 
 
数学20点叱る前に英語100点大げさほどに褒めろ。